日帰りアントワープ(2月6日)2・飲食篇


アントワープではベルギービールガイドでもおすすめしているこのお店で食事しました。
大聖堂近くにあるこのKathedraalcafe Elfde Gebod、名前は第11戒。聖書の十戒にちなんでいますが、メニューに書かれたその第11戒の内容は「食事を楽しむべし」だそう。名前だけでなく、内装も聖人像やイコンがいっぱいです。

 

ビールのメニューが豊富で迷っちゃう…という人におすすめ、ビールテイスティング。4種類のトラピストビールを飲み比べます。おつまみ付きでこれだけでもけっこうたっぷり。

でもしっかり食事も食べました(笑)。

ムール貝の白ビール茹でと、「おばあちゃんの味」ウサギのプルーンソース。
 

全部合わせて60ユーロ以下。安い!!店員さんも感じが良く、強力にお勧めできるお店です。

デザートメニューも美味しそうだったけど、河岸を変えることにしてワッフルが美味しいというカフェDesire de Lille へ。ワッフルとリンゴのフリッター。飲み物はココアで。
 

焼きたてワッフルは外側がカリカリ、中はふわっと軽くておいしい!ワッフル嫌いのダンナの目から鱗が落ちました。リンゴのフリッターも美味。ココアは薄めでデザートとあわせるのにちょうどいい感じでした。


アントワープにはスコティッシュパブがある!というので行ってみました。その名もHighlander。が、行ったら日曜はお休みとのことで、残念ながら中には入れませんでした。

駅に戻って、電車待ちの時間つぶしに構内のロイヤルカフェへ。

世界でも駅ナカのパブがこんなに豪勢なところってなかなかないんじゃないでしょうか。さすがアントワープ駅。ベルギービールもなかなか悪くない品揃え。ダンナは軽くレフブロンドでシメ。私はコーヒーにしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *