私の知らなかった日本/東京散歩:都心の寺社建築

日本の寺社というと、私はこういうのとか

増上寺
増上寺
こういうのを
明治神宮
明治神宮
イメージしがちなのですが、大きな寺社は別としても、都心だとみんなこのように広大な境内に伝統建築が立ち並んでいるというわけにはいかないことも多いようです。

私が住んでいる港区は江戸時代から多くの人が住んでいた土地ということで寺社も多いのですが、ビルに囲まれて窮屈そうなものも。

うちから近い麻布十番神社です。
Image150

さらにはこんなのも・・・。

虎ノ門の金毘羅神社です。
Image136
まるで鳥居がビルのゲートのよう。

表の通りからは見にくいけど、よく見るとビルの奥にはちゃんと神社の本殿がありました。
Image137
ちなみにビルは「琴平ビル」。築主が神社なんですねー。金毘羅様の不動産業?

寺社の建物自体が現代的ビル、というのもあります。

御府内八十八ケ所巡りで回った六本木の不動院はこんな建物でした。一見ただのマンション。
Image146

正面はこうなっています。やっぱりお寺なのか・・・。
Image147

こんなのはどうでしょうか?これでも神社。
Image129
三田の元神明宮(天祖神社)です。表通り側から見たところ。

脇道を上がって反対側に回ると、神社自体はこっちが表なんですね。
Image131
でもよく見ると階段の上の本殿はやっぱりコンクリート造り。

こちらも三田にあるお寺、長延寺。入り口はこうなってます。
Image133

ただのマンションにしか見えない・・・。
Image134

さすが都心?

追記:
ちなみにこの記事の内容は、狸穴茶房でコーヒー飲んだ後「近所をぶらっと散歩」のつもりで三田方面に向かったところで思いつき、そのまま写真撮影のため三田~虎ノ門~六本木~麻布十番という予定外の散歩になったものです。
途中お茶飲んだり買い物したりでしょっちゅう止まっていたので特に長く歩いた気はしなかったんですが、マピオンのキョリ測でチェックしてみたら家を出てから帰宅まで全長ちょうど9kmでした。寄り道が多くて六本木に戻った頃には日が落ちてしまい、不動院と麻布十番神社の写真は暗くて使えなかったので、翌日改めて撮り直しに行きました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.